アクセスが驚くほど集まる!トレンドキーワードの探し方3選(Twitter・Yahoo!・Google)

記事を書いても、なかなかアクセスが集まらないという方に、

今回は、記事作成の要とも言えるキーワードの探し方についてお伝えします!

キーワード設定した記事は、SEOにも強い!

キーワードを選ぶ時のポイントは、

・現時点で話題になっている事
・検索数が集まりやすいもの

を書くことです!

つまり、トレンドにのった記事を書く事が大事なんですね。

今回は、アクセスを集めやすいキーワードの選び方についてお伝えします!

特化型ブログでも、応用可能な方法ですよ!

目次

アクセスが集まるキーワードの選び方3選

今回は、トレンドにのったキーワードの探し方の中から、無料で誰でもできる方法を3つお伝えします!

Twitterを使う

トレンドのキーワードを最も拾いやすいのは、Twitterです!

常に新しいキーワードが更新されています!

STEP
Twitterのトレンドワードを探す

Twitterの画面を開いたら、左端の#ボタンを押します(PC画面の場合)

※スマホの画面では虫眼鏡マークを押すと、出てきます。

STEP
各ジャンルの中から、話題になっているキーワードを選びます。

Trending、News、Sports、Entertainmentの各ジャンルから、自分が興味あるものや書けそうなキーワードを探していきます。

ランキング上位のキーワードから見ていって、これなら書けそう!というものをピックアップ

例として、今回は、「ガリレオ」を選んでみますね。

STEP
キーワードを選んだら2つ目のキーワードをチェックします。

STEP2で選んだキーワードをクリックします。

検索ワードに「ガリレオ」と入れると、

「ガリレオ 柴咲コウ」「ガリレオ 新木優子」と2個目のキーワード(サジェスト)が出てきました。

STEP
ツイートの内容から、タイトルを決定する

上記の例で、「ガリレオ 柴咲コウ」や、「ガリレオ 新木優子」のキーワードで、どんなツイートがされているかをいくつかチェックして、

どんな事が話題になっているか、傾向を探っていきます。

柴崎コウさんの復活は喜ぶ声が多いけど、
新キャストの新木優子さんに対しては、批判が多め?

柴咲コウさんが久しぶりに復活した理由について調べてみよう!

ツイートをいくつか読み取って、そのキーワードについて読者が次に知りたい事を想像し、タイトルを設定します。

Yahoo!の検索窓を使う

Yahoo!やGoogleの検索窓を使った、キーワードの選定方法をお伝えします。

今回は、メインとなるキーワードが決まっている場合の探し方です。

メインのキーワードは、Twitterを使って探すと良いですが、自分が書きたいキーワードでもOKです!

STEP
検索窓にメインのキーワードを入れる

Yahoo!の検索窓に、書きたいキーワードを一つ入れます。

例えば、前回使った例の「ガリレオ」のキーワードで記事を書く場合、

検索窓に「ガリレオ」と入れ、2つ目に出てくるキーワードの中から記事にできそうなキーワードを選びます。

STEP
キーワードを2つ入れて検索する

次に前のステップで選んだ2つのキーワードをいづれか選択して、さらに検索してみます。

ここでは、Twitterでも話題になっていた「ガリレオ 柴咲コウ」を選んでみます。

すると、「ガリレオ 柴咲コウ」の他に、3つ目のキーワードが出てきます。

(※検索ボリュームが少ない時は、3つ目のキーワードは出てこない場合も)

「ガリレオ 柴咲コウ 降板理由」など、自分が書きやすいキーワードを選びましょう!

STEP
キーワードを2つか3つ入れて検索した時のライバルをチェックする

STEP1、2で探したキーワードを使って、ライバルチェックをします。

ライバルチェックのポイントは、

大手ニュースサイトや企業サイトが占めていないかどうか
→個人ブログでも戦えるか

という事です。

例として「ガリレオ 柴崎コウ 降板理由」と入れてみました。

二番目に表示される記事は大手サイトでしたが、それ以外は個人サイトが多いですね。

以上の状況を踏まえて、「ガリレオ 柴崎コウ 降板理由」のキーワードなら、

新しく記事を書けば個人サイトでも参入できる可能性があるかもしれない!と判断します。

もし、検索した時に、1ページ目の検索結果が大手ニュースサイトばかりの時は、

STEP1か2に戻って、他のキーワードを試してみてくださいね!

Googleの検索窓を使う

Googleの検索窓の使い方は、基本的にはYahoo!と同じです。

STEP
検索窓にメインのキーワードを入れる

Googleの検索窓に、メインとなるキーワードを入れます。

そして、2つ目のキーワードを選びます。

ここではまた「ガリレオ」を事例に説明していきますね!

STEP
キーワードを2つ入れて検索する

STEP1で選んだ2つのキーワードを選択してクリックします。

今回は、例として「ガリレオ柴咲コウ」を選んでクリックします。

すると、画面の下に「他のキーワード」が表示されます。

「他のキーワード」の中から、記事にできそうなキーワードを選びます。

STEP
キーワードを2つか3つ入れて検索した時のライバルをチェックする

STEP1で選んだキーワードを2つ、もしくはSTEP2の「他のキーワード」から3つのキーワードを選んで検索した時に、表示されるライバル記事をチェックします。

ここでは、STEP2の例で出てきた「ガリレオ 柴咲コウ なぜ」を選んでみました。

1ページ目に、大手ニュースサイト以外の個人サイトも入っている様であれば、

このキーワードも書けば上位表示できる可能性がある!と判断します。

1ページ目に表示される記事が、大手ニュースサイトや企業サイトばかりの時は、

別のキーワードを探してみてくださいね!

特化型ブログで応用する方法は?

この方法は、トレンドブログだけでなく特化型ブログでも応用できます!

例えば、キャンプ用品に関するブログを運営している場合

Twitterであれば、「キャンプ」や「キャンプ場」などのキーワードで探せば、今話題になっている事を探すことができます!

Yahoo!やGoogleでも同様にメインキーワードを入れると、2つ目、3つ目のキーワードを見つける事ができるので、読者から検索されやすいキーワードを見つけていくことができます。

キーワードは日々変わっていくので、
同じキーワードでも、時々チェックすると良いですよ

まとめ

今回は、アクセスが集まるトレンドキーワードの探し方について説明しました!

  • Twitter
  • Yahoo!
  • Google

を活用することで、効率よくキーワードを探してみてください。

芸能記事やエンタメなどのトレンドブログ以外の、特化ブログでも応用は可能なので、良かったら試してみてくださいね!

こちらの記事では、トレンドブログの中でも、特にアクセスを集めやすいジャンルを2つ紹介しています。

あわせて読みたい
トレンドブログの書き方:PVを集める記事ってどんな記事? ここでは、PVを集めやすいトレンドブログの書き方について説明しますね! ネットでPVを集める記事ってどんな記事でしょうか? みんながついつい、知りたくなって検索し...

こちらの記事↓では、コンサル生さん限定で更に初心者が狙いやすい記事や登録しておくべきサイトなどの情報を公開しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次